ビットコイン分裂問題まとめ

何故ビットコインは分裂するのか?

 

ビットコインには様々な問題があります。

送金の承認が遅く、取引に多くの時間がかかる事や、マイニングをする上での不公平など現時点では様々な問題点があります。

そういった問題点を解消するためにビットコインコミュニティの開発者達は議論し知恵を出し合います。

そしてビットコインのシステムの根本的なアップデートを行ったり、新たな通貨をビットコインから分裂させる事によって解決しようとします。

そうしてビットコインが旧バージョンと新バージョンに分裂(フォークとも言います)するという事が起きる事があります。

 

※マイニングとは?

ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる取引台帳に全ての取引記録を書き込みます。この書き込みのプロセスには膨大な計算が必要になります。その計算作業にはパソコン等を利用して誰でも参加する事が可能です。その計算作業に従事する事をマイニングと呼びます。一定の計算能力を発揮する事で報酬としてビットコインが得られます。

 

8月1日の分裂

 

2017年8月1日にビットコインはビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)2つに分裂しました。

この分裂の大きな原因はビットコインの取引量が増えたことにより、取引の承認処理が混み合い、取引に多くの時間がかかるようになった事です。具体的にはビットコインは10分間に一度の頻度でブロックを生成します。このブロックの中に取引の情報を書き加えていきます。

しかしブロックに書き込めるサイズが1メガバイト分しか無い為に、取引量が多くなり10分間に1メガバイトを超える情報量の取引が行われると処理が混み合い、取引に時間がかかってしまいます。

その解決策はSegwitと呼ばれるアップデートでした。

 

Segwit

 

Segwitとは、ブロック内にある一部のデータを分離する事によって1ブロックあたりに書き込める情報の量を大きくするものです。

この事によって分裂をせずに取引処理の遅さという問題を改善することが出来ます。ビットコインのコミュニティーの人々は8割方Segwitの適用に同意し、適用されることになりました。

(2017年8月に「Segwit」はビットコインに無事適用されました。)

 

しかし実施された分裂

 

Segwitで問題は改善されて、ブロックサイズの問題は一旦収束すると思われました。

しかしSegwitに反対を表明していたBitcoin UnlimitedとBitmain、というグループによって全く別の通貨であるビットコインキャッシュが作られました。

ビットコインキャッシュはブロックサイズを8メガバイトまで拡張して大きく取引処理能力が向上しています。

こうしてビットコインは分裂しました。そしてビットコインキャッシュはビットコイン保有者に対し保有量に応じて無料で付与されました。

しかしこの新たな通貨であるビットコインキャッシュはビットコインとは全く別のブロックチェーンを使っており、ビットコインとは別の通貨(アルトコイン)として考えた方が分かりやすいかもしれません。

 

※アルトコインとは
アルトコインとはビットコイン以外の通貨のこと。有名なアルトコインとしてはイーサリアム、ライトコイン、NEM。マイナーなものまで含めると千種類以上存在します

 

今後ビットコインキャッシュの値段が上昇するかは、他のアルトコインと同じくビットコインキャッシュの仮想通貨として独自の強みが作れるかどうかで、開発次第だと思います。

 

新たな11月の分裂問題Segwit2x

 

ビットコインのコミュニティには新たなアップデートであるSegwit2x2017年11月頃にビットコインに対して適用しようという動きがあります。

Segwit2xを適用するとブロックサイズを2メガバイトにすることが出来ます。

もしSegwit2xが実施されればSegwit2xを適用した新ビットコインと旧ビットコインに分裂する事になります。

そしてこの動きとは全く別にビットコインゴールド(BTG)というものがビットコインから分裂しようとしています。

 

ビットコインゴールド

 

ビットコインゴールドの特徴はマイニングを行う際に個人でも参入しやすいように仕様が変更されたものです。現状のビットコインはAISCと呼ばれる特殊なマイニング専用の機械を用いたマイニングが圧倒的に有利な状況です。そこでビットコインゴールドではアルトコインであるZcashを基にして、パソコンで3Dゲームを動作させる際などに活用するGPU(グラフィックスカード)を用いてマイニングが有利な仕様になっています。この事によってマイニングに参加するハードルが下がり、パソコンがあれば誰でも参加できるようになります。

 

・マイニング専用機AISC

 

ビットコインゴールドは2017年10月25日時点からのビットコインの保有者に対し、その保有量に応じて、来月の11月1日に付与される予定です。

こうして全ての分裂が実施されれば11月にはビットコインから4つの通貨が生まれる事になります。

 

分裂後の市場の反応

 

8月の分裂問題においては、様々なビットコイン分裂によるビットコインに対する否定的な情報が多く流れました。7月にはビットコインが29万円台から21万円台まで暴落し、それにつられてアルトコインも暴落しました。

しかし、その後ビットコインは分裂を問題なく乗り越えると、8月には最高値を更新し続けて50万円台を突破しました。

今回の分裂問題によって市場がどのように反応するかについて確定的な事はわかりませんが、8月の分裂問題を乗り越えた経験があるので、今回の問題で市場に悲壮感はなく、ビットコインは上昇を続けています。

ビットコインを保有し続ける事で、11月にはビットコインゴールドが無料で付与されるという予定があることもビットコイン上昇の大きな原因だと思われます。

 

新通貨の無料付与

 

前回の8月の分裂においてはビットコインキャッシュが生まれた時にはビットコインの保有者に保有量に応じて無料でビットコインキャッシュが付与されました。

取引所毎にビットコインキャッシュ付与に関する対応は異なりました。日本のメジャーな取引所であるcoincheckやzaifやbitflyerは時間差があったものの、それぞれ問題なくビットコインの保有量に応じてビットコインキャッシュが口座に付与されました。保有ビットコインに対するビットコインキャッシュ付与レートは1対1です。

ビットコインキャッシュは付与されてから1ビットコインキャッシュ辺り3〜4万円程度の値段で売買する事が可能でした。

10ビットコインを取引所に預けておけばそれだけで、30〜40万円の資金が増えた事になります。

この8月の経過からも、11月の分裂における新コインの付与に向けてビットコインを多く購入して多くのビットコインを取引所に預けようと多くの人々が動くものと思います。

 

まとめ

 

  • 8月にビットコインは分裂しビットコインキャッシュが生まれた。
  • 11月に更にビットコインは分裂しビットコインゴールドSegwit2xを適応したコインの二つのコインが新たに生まれる予定。
  • ビットコインの分裂はネガティブな要素ではなく、むしろ新通貨欲しさに需要が喚起され価格上昇を招く要素にもなる。

 

仮想通貨の市場では様々な情報が飛び交って混沌としています。どのように価格が推移していくかは不透明です。

しかし、8月に起こった事を考えると、ビットコインの分裂によって仮想通貨の基軸通貨であるビットコインがその価値に大きなダメージを受けるという事は考え難いです。

むしろビットコインは分裂を繰り返しながら様々なアップデートを取り入れて進化し、長期的には仮想通貨の市場を押し上げていくものだと思います。

 

以上です。今後も仮想通貨情報を書き続けていきます。参考にして頂ければ幸いです!

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

 

 

※まだ仮想通貨投資をはじめていない方へ

 

最近、大きく盛り上がっている仮想通貨市場。

 

まだ仮想通貨投資をはじめていない方は、

仮想通貨投資はじめてみませんか?

 

はじめかたは、とても簡単です!

 

解説ページを作りましたので、こちらのボタンをクリックしてください。↓

各取引所の登録ガイドも作りました。↓

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です