仮想通貨ビットコインとは

仮想通貨ビットコインについて

 

現在、仮想通貨であるビットコインには世界中から多くのお金が流れ込んでいて、大きな注目を集めています。ニュースなどでも度々取り上げられていますね。

ここではその ビットコインとは一体何なのか?

まず入門者向けにビットコインについてかんたんに解説していきます。

 

仮想通貨ビットコインとは

 

仮想通貨とは様々な意味で使われますが、主にインターネット上で利用できる通貨全般の事を指します。ビットコインはその仮想通貨の一種です。

ビットコインのデータは暗号化され、※ブロックチェーンという技術を用いてデータのコピー(偽造)や消失を防いでいます。

データの偽造や消失を防ぐ事によってユーザーは安心して通貨として利用する事が出来ます。そして世界中の全ての送金履歴は誰でも確認する事ができます。

また、発行量の上限が決まっています。円やドルのように国や銀行が量を増やしたり、減らしたりする事はできません。

そしてビットコインを使うと送金にかかる手数料がとても安価になります。現在においてはクレジットカード決済では販売側が数パーセントの手数料を負担する必要があります。また銀行間の国際送金にも高額な手数料が必要です。それがビットコインを用いることでとても安価に送金が可能になります。

これらは画期的な事であり新時代の通貨革命だと言われており注目を集めています。

 

ブロックチェーンとは?

 

ブロックチェーンとは要するにビットコインの取引を公正に行うためのネットワークのことです。

ビットコインの一定の取引のデータをまとめたものをブロックといいます。ブロック同士は全て繋がり合って過去の全ての取引データが記録されています。

この全てのデータは分散されて管理されており、ユーザー全てのコンピューターそれぞれに全ての取引履歴が保存されます。

このために一部のコンピューターでシステム障害などが起こっても他のコンピューターによって補完され問題なくシステムは動作します。

また、お互いの記録を用いてデータが正しいか偽物かを確認する事ができます。この事によってビットコインの取引データの偽造や消失を防いでいます。

このような分散型のネットワークをブロックチェーンと言います。

ビットコインでは国や銀行などの中央組織は存在せずにユーザー同士でシステムを管理する構造になっています。

そしてブロックチェーン上の世界中の全てのビットコインの取引の履歴は誰でも観覧する事が可能です。ですので支払いを行った事や、受け取った事は証明可能です。偽る事はできません。

 

 

マイニングとは?

 

マイニングとは採掘とも呼ばれます。マイニングとはコンピューターの計算能力を使って上記のブロックチェーンに対して取引情報を追加していく作業です。

これは世界中で大量に行われているビットコインの送受信を実行するために必要な作業です。この作業を行う人がいないとビットコインが送金できなくなってしまいます。

そしてこの作業には暗号化された取引データの整合性を取りながら正確に記録する事が必要で、膨大な計算能力が必要になります。

この計算作業にはコンピューターを使って誰でも参加する事ができます。その計算作業の貢献度合いに応じて手数料が得られます。

逆に送金を行う側はマイニングを行っている人(マイナーと言います)に対して手数料を支払います。

 

ビットコインは誰が作ったの?

 

ビットコインは「ナカモトサトシ」と名乗る人物が執筆した論文を基に開発されました。

しかし「ナカモトサトシ」という人物の正体は諸説ありますが、どこの誰であるのか?はっきりとした事は不明です。

その謎のナカムラサトシという人物が発表した論文に興味を持った人たちが協力し合ってビットコインのシステムを作り上げました。これらの開発はオープンな場所で行われて、どこか特定の組織によって作られたわけではありません。

 

ビットコインは誰が管理しているの?

 

ビットコインはドルや日本円のように中央銀行や国によって管理されていません。

特定の組織ではなく、それぞれユーザーの一人一人が管理し合う構造になっています。

 

1ビットコインの値段はいくら?

 

価格は固定されておらず、円やドルのように常に変動しています。

2017年の1月は1ビットコインが60万円前後です。

日々の変動幅が大きく、投資家たちの注目を集めています。

 

1ビットコイン以下の少額の送金はできる?

 

ビットコイン(BTC)は1コイン以下の数量で取り扱いが可能です。

0.00000001BTCまで単位があります。1ビットコインの1億分の1です。

1ビットコイン以下の単位をsatoshi(サトシ)と呼びます。

この事によって少額の送受信や取引も問題なく行う事が可能になっています。

 

どうやって購入できるの?

 

ビットコインは日本の取引所から簡単に購入する事ができます。

購入方法については当方のこちらの記事をご覧ください。

 

 

ビットコインについての詳細な説明

 

ここからは仮想通貨ビットコインについてもう少し詳しい説明を書いていきます。

 

ビットコインの価値の実体

 

ビットコインに対する良くある議論として、ビットコインには価値の裏付けがないという話が出ます。

何をもって通貨の価値の裏付けとするかは難しいところですが、確かにビットコインは「金」の様にそれ自体に貴重な資源として価値を持つものではありませんし、何か価値のあるものを担保にして発行してるわけでもありません。しかしそれは法定通貨(円やドル)も同じです。

しかも円やドルなどの法定通貨に関して言えば、自分がお金を持っていたとしても、実は実際に自分が保有しているのかどうかすらあいまいなものなのです。例えば先進国においては通貨の8割以上が預金として銀行に保管されています。そしてその預金は企業に貸し出されてしまいます。私たちの預金は実際には銀行にほとんど残っていないのです。そして銀行が融資に失敗などして破たんした場合には一人1000万円などの限定的な補償しか得る事はできません。また、もし一定以上のお金を預金者たちが引き出そうとすれば「取り付け騒ぎ」という問題が起きて、銀行が資金不足に陥り経営が破たんしてしまいます。

ですから実際には通貨には価値の裏付けというようなものは必要なく、多くの人がそれを通貨と認定するだけで実際に通貨として機能しているのです。そして通貨としての機能はビットコインの方が優れている点が数多くあります。

 

特定の管理者が存在しない事のメリット

 

ビットコインには国家などの特定の管理者が存在しません。そして発行量が決められており、そしてビットコインは2100万枚が発行上限になっています。

このことはとても重要な要素です。特定の権力の下に通貨を管理すると様々な弊害が生まれます。発行量を増やしたり減らしたりといった事をその権力の都合で自由に行えるからです。

例えば軍事政権が強制的に大量の通貨を印刷して軍隊の増強や戦費の調達などにあてるといった事が起きます。あるいはその権力の都合によってお金を刷って優遇したい特定の企業や産業にお金を流すという事が起きます。通貨の発行量が増えると価値が希薄化します。そして通貨としての信頼が低下し価値が下がります。

こういった弊害によって貨幣の供給が増加する事でハイパーインフレを招き、恐慌を招いて人々を不幸に追いやった例は歴史に数多くありました。その一部を紹介します。

※ハイパーインフレとは

過度のインフレの事で物価が短期間に大きく跳ね上がり(数倍〜数十倍以上)正常な経済活動が出来なくなること。

・ドイツ

敗戦をした第一次大戦後ドイツでは多額の賠償金の支払いを課せられました。この賠償金はドイツの支払い能力を超えるもので賠償金の支払いは停滞しました。しかし政府は労働者の賃金を補償したり、戦後処理の問題で多額の支出を余儀なくされました。そこで政府はマルク紙幣を大量に印刷して発行します。それが原因で通貨の信頼が失墜してハイパーインフレを招きました。1枚10兆マルクという高額紙幣が作られ、卵一個が320兆マルクという異常な状態になりました。ドイツは物価の上昇が止まらずに大不況に陥ります。

・ジンバブエ

ジンバブエは大統領選挙の選挙費用の捻出や、労働者からの賃上げに答える形で大量のジンバブエドルを発行しました。もともとインフレ進行して不況に苦しんでいたジンバブエは、通貨の大量発行によって一気に経済状態が悪化し、通貨の価値の希薄化と信頼失墜によってインフレ率は年率6.5×10108 という天文学的な数字になりました。一枚で100兆ジンバブエドルの紙幣が作られ、300兆ジンバブエドルで1円程度の価値しかないというような混乱状態でした。過度の物価上昇によって経済はマヒし、犯罪は激増し、医療の崩壊から伝染病が蔓延する悲惨な状況に陥りました。

・ハンガリー

第二次大戦後のハンガリーは戦後復興のために大量の通貨を発行します。これは止まらない物価上昇を招きました。1946年に半ばには1枚で1万京の紙幣が発行されました。ピーク時には物価は1日で倍になるような急激なペースでインフレが進行しました。人々はまともな経済活動を行えず、とにかくお金が手に入ったら価値がなくなる前に直ぐにすべて使うというような状況でした。これは最悪のインフレ事例としてギネスブックに記録されています。

 

これらは極端な例かもしれませんが、誰かが勝手に通貨の発行量を増やせるということは経済を大なり小なり異常な状態に陥らせる危険性があります。とくに日本ではそこまで異常なハイパーインフレに陥るという事はあまり想像しにくいかもしれませんが、世界には様々な国があります。今後も自国の通貨を大量に印刷する事でハイパーインフレに陥る国家は生まれ続けるかもしれません。そういった事を考えるとビットコインは優れた通貨といえます。

 

国際通貨

 

ビットコインは国際送金を行う際にも少額の手数料で行うことができます。

例えば日本円で日本からアメリカへ送金する事を考えると、まず日本円からドルへの為替手数料がかかります。

そして銀行を通じて送金する場合、高額な送金手数料がかかります。そして着金するまでに数日かかってしまいます。

ビットコインの場合は安価に素早くPCやスマホから送金する事ができます。

ビットコインは現代のグローバル経済にふさわしい通貨であるとも言えると思います。

 

ビットコインは進化する

 

しかしビットコインはまだ完璧な通貨ではありません。

現在のところ、送金の完了にはビットコインのブロックチェーンの性質上10分から1時間程度はかかります。

手数料は安いですが一度の送金に10円〜100円程度かかります。(取引の混み具合によって変動します)

しかし開発や改良はオープンに行われており、技術者たちが様々な知恵を出し合って改良を続けています。

送金をより速く安く行うためにライトニングネットワークという新技術が研究開発されています。

 

※ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークは、仮想通貨の取引を高速化し、手数料を削減して少額支払いを可能にする新技術です。ミリ秒レベルで数千の取引の処理が可能になり、マイナーの負担が減り、手数料が安くなります。この事によって手数料が1円以下になり、数円というレベルの送金が可能になります。この少額決済(マイクロペイメント)が可能になると経済活動に新たな分野が生まれると期待されています。

 

少額決済(マイクロペイメント)が持つ可能性

 

ライトニングネットワークが実現し送金の手数料が減り、少額決済(マイクロペイメント)が可能になると様々な可能性が開けます。

例えばTwitterで面白い呟きをした人に数円単位でチップをあげたり、面白い動画を配信してる人に数円あげたりする事がビットコインを使って簡単に出来るようになります。また少額から参加できるクラウドファンディングを開催する事もできます。

少額決済(マイクロペイメント)によってインターネット上でのお金のやり取りが活発になると思います。少額決済(マイクロペイメント)を利用した新たなビジネスも生まれてくる事でしょう。

 

まとめ

 

  • ビットコインは発行上限が決まっていて誰も発行上限を変えられない
  • 送金手数料は安くて国際送金に便利
  • ブロックチェーン技術により分散的に取引データが保存されデータの偽造や消失を防いでいる
  • 取引の履歴は誰でも観覧可能で透明性が担保されている
  • 管理する組織は存在せずにユーザーのネットワークが分散的に管理をしている
  • マイニングというPCの計算作業によって取引が処理され、マイナーは報酬が得られる
  • ビットコインの改良は続けられており進化の途中

 

ビットコインはこれからも改良され進化していく過程の中にあります。そして上手く進化すれば更にビットコインに資金が流入して値段が上昇する事でしょう。

現在のところはビットコインは円やドルに比べて値動きの幅が大きいですが、ある程度の市場規模まで拡大すれば値動きも落ち着き、変動のリスクも減る事になります。

今後はどうなるかは確定的な事は言えませんが、ビットコインにはとても期待しています。この先ブロックチェーンという画期的な技術によって世界の通貨や金融のシステムを変えてしまうかもしれません。今後も興味をもってビットコインの動向に注意し、何か大きな動きがあればここで記事にして書いていきたいと思っています。

 

ビットコインの購入や売買を始めてみたい方がおられましたら、当方のこちらの記事をご覧ください。

 

以上です。今回は入門者の方向けにビットコインについての解説を書いてみました。参考になれば嬉しいです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

 

※まだ仮想通貨投資をはじめていない方へ

 

最近、大きく盛り上がっている仮想通貨市場。

 

まだ仮想通貨投資をはじめていない方は、

仮想通貨投資はじめてみませんか?

 

はじめかたは、とても簡単です!

 

解説ページを作りましたので、こちらのボタンをクリックしてください。↓

各取引所の登録ガイドも作りました。↓

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です