10月25日 仮想通貨情報 HITBTCがBTGを付与。取引も可能!

10月25日 仮想通貨情報 Hitbtcがビットコインゴールドを付与

 

2017年10月25日23:00現在は62万円台で推移しています。朝には60万5千円辺りまで下落しました。これは後述するcoinbaseのsegwit2xに関する発表が原因だと思われます。しかしその後に値は持ち直し、62万辺りで推移しています。

 

以下に本日のニュースを紹介していきます

Hitbtcがビットコインゴールドを付与

 

Hitbtcがビットコインゴールドを付与しました。

ビットコインゴールドの売買も既に取り扱っています。現在の価格は1BTGあたり2万円くらいです。

 

segwit2x

 

昨日ビットコインゴールドのイベントが終わり、仮想通貨投資家界隈の関心はsegwit2xに集まっています。segwit2xとは現在のビットコイン取引における承認速度の遅延を解消するための一つの案です。要するにビットコインの取引速度の迅速化の為です。segwit2xが実施されるとビットコインから分裂し新たなコインが生まれる事になります。ビットコインは今までにビットコインキャッシュとビットコインゴールドが分裂して生まれました。このSegwit2xが実施されるとビットコインから3つ目のコインが新たに生まれる事になります。

しかしこのsegwit2xには様々な問題点が指摘されています。segwit2xは開発が未熟でプロトコルに脆弱性がある事や、分裂を繰り返すことでビットコインの信頼性が失われる事や、ビットコインと価値の奪い合いになってしまう事などです。

現在はsegwit2xの実施によってビットコインの相場はどう動くのか全く不透明です。ビットコインの信頼性が失われて暴落することも十分考えられますが、ビットコインゴールドの分裂の時の様に新コインの付与を得たいという思惑が相場で強まり(仮想通貨取引所のHitbtcではビットコインゴールドがビットコインの保有量に応じて付与されました。取引所毎に対応は異なります)、上昇するかもしれません。あるいは分裂に際して多くの懸念がある分、分裂後に得に問題も混乱もなくどちらかのコインが現在のビットコインの地位に収まる事になり懸念が払拭されれば安心感からビットコインは大きく上昇するかもしれません。

 

 

coinbaseがsegwit2xについてアナウンス

 

coinbaseがsegwit2xについてコメントを発表しました。coinbaseは仮想通貨の取引所で、ビットコインのオンラインウォレットも提供しています。

Segwit2xが実施されて新たなコインが生まれた場合、difficultyが高い方をビットコインとして扱うとの事です。要するにマイニングの量が多い方をビットコインとして扱うという事らしいです。segwit2xはマイナーの大半から支持をされていますので、coinbaseでは新しく生まれたコインの方がビットコインとして扱われる可能性があります。他の取引所がどんな対応をするのかが今後注目されると思います。

※マイニングとはビットコインのブロックチェーンに関わる計算処理を行うことで、ビットコインの送金処理や送金履歴を保存する為に不可欠な作業です。この作業を行う人がいないとビットコインを送金する事も自分の保有しているコインが本物であるとの証明も出来なくなってしまいます。

 

 

GMOがマイニング事業に際してICOを検討開始

 

GMOがマイニングの事業を行うにあたってICO(クラウドファンディング)を行う検討を開始したと発表されました。

GMOのマイニング事業ではマイニング施設の構築だけではなく、次世代マイニングボードの開発も行われる予定です。7nmプロセス技術を用いた半導体チップの開発をするようです。

マイニング事業+マイニングボードの開発のハイブリッドプロジェクトはRussian Mining Coin(RMC)というロシアのプロジェクトがあります。こちらのプロジェクトは既にICOを経てマイニング事業が稼働しています。詳しくは当方のこちらの記事を参照ください。

 

 

ECBのドラギ氏がビットコインについてコメント

 

仮想通貨はまだ未成熟で規制されるほどに成熟していないとコメントされています。ビットコインのような画期的な技術の恩恵を大切にしながらも潜んでいる危険性に注意を払うべきだとの事。

 

 

アップル共同創業者がビットコインについてコメント

 

アップル共同創業者の一人スティーブ・ウォズニアック氏がビットコインはドルや金より安定しているとコメントしています。ビットコインは発行数に上限があり(約2100万枚)、法定通貨(円やドル)のように国の金融政策で発行量を増やしたりする事は不可能です。

記事においてはウォズニアック氏はドルは本物の通貨ではないと表現したそうです。ビットコインはそういう意味で通貨の安定に繋がるポテンシャルを秘めています。通貨の発行量を自由に増やせる危険性は当方のこの記事で詳しく書いてます。

 

 

ICOの評価サイトがリリース

 


ICO(クラウドファンディング)の評価サイトがリリースされました。現在はICOは大量に発表されています。中には評価が難しいICOや詐欺のようなICOもあります。ICOに対する投資を考える際にこのサイトが一つの参考になるかもしれません。

今日の仮想通貨関連ニュースをまとめました。参考になれば幸いです!読んで頂いてありがとうございました!

 

 

※まだ仮想通貨投資をはじめていない方へ

 

最近、大きく盛り上がっている仮想通貨市場。

 

まだ仮想通貨投資をはじめていない方は、

仮想通貨投資はじめてみませんか?

 

はじめかたは、とても簡単です!

 

解説ページを作りましたので、こちらのボタンをクリックしてください。↓

各取引所の登録ガイドも作りました。↓

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です