10月26日 仮想通貨情報 Amazonがビットコインの決済を導入?

10月26日 仮想通貨情報 Amazonがビットコインの決済を導入?

 

2017年10月26日の夜、ビットコインの価格は67万円台で推移しています。

ビットコインゴールドの付与が終わり値段が下落していましたが今日はその下落幅を一気に回復した形になりました。

amazonがビットコイン決済を導入するかもしれないという発表がされた事が関係してるのかもしれません。

 

segwit2x

 

segwit2xの動向が今後の相場を左右するものと考えられます。segwit2xについて簡単に解説すると、segwit2xとは要するに現在のビットコイン取引における取引処理の遅延を解消するために行うものです。segwit2xは来月の中旬に実施される予定です。segwit2xが実施されると、ビットコインが分裂して新たなコインが生まれる事になります。

このsegwit2xには多くの問題点が指摘されています。プログラムに脆弱性があることや、分裂を行う事でビットコインへの信頼性が失われることや、分裂したあと、新コインと旧コインが価値を食い合って潰し合うかもしれないなどの問題点です。

こういった懸念があるために、ビットコインから法定通貨(ドルや円)に変えておこうという思惑が強まる可能性があります。

しかし、分裂した際に新たに生まれたコインはビットコインの保有量に応じて付与される予定(取引所によって対応は異なります)なので新コインを得るためにビットコイン需要が高まる事も予想されます。さらにプロトコルの脆弱性が解消されてsegwit2xによる新コインに問題なく移行するなどして全ての問題が解消される可能性も十分にあります。

そういった場合はsegwit2xに対する様々な懸念によって押さえつけられていたビットコインの価格が一気に跳ね上がるかもしれません。いずれにしても今後の相場の動向はこのsegwit2xの動向次第だと思います。

 

 

iXledger(IXT)が上昇

 

 

値段が落ちていたiXledger(IXT)が上昇しています。大手取引所に上場する予定だとアナウンスされた事が関係しているようです。

iXledger(IXT)は自分も期待していて値段が安い時に買い集めていました。この銘柄はプロジェクト運営者や開発者達が優秀なのにも関わらず、まだマイナーな取引所にしか上場していないので、時価総額が非常に低い事が特徴です。開発次第で今後大きく伸びる期待が持てます。ただ、取引高がまだまだ少ないので少しの情勢の悪化で一気に下落する危険性もありますので注意が必要です。

当方のiXledger(IXT)の紹介記事はこちらです。

 

 

Amazonがビットコイン決済を導入?

 

ドイツの新聞の情報によると、Amazonがbitcoinに関係する何かの発表を近々行うのではという噂が出ているようです。

amazonがビットコインの決済を導入すると決定すれば仮想通貨市場にとって大変大きなインパクトを与えると思います。ビットコインもアルトコインも一気に上昇すると思います。

しかし、現時点では単なるうわさに過ぎないようです。ちなみに以前にもamazonがビットコインの決済を導入するといううわさが発表されたことがありました。現時点では真偽は不明です。

 

 

ロシアが仮想通貨規制のガイドラインを発表

 

ロシアの規制は中国のような厳しいものとは全く違うようです。

ICOには証券取引法などの現行法を適応する方向のようです。アメリカのICOに対する規制と似ています。

ロシアは政府高官がビットコインマイニングに本格参入すると発表したり、大統領の側近がマイニング事業(Russian Mining Center)のICOを行っていたりと仮想通貨市場への参入に積極的な動きが見受けられます。ICOを実施したRussian Mining Centerについては当方のこの記事に書いています。

9月にはロシアでレニングラード(サンクトペテルブルグ)の地方知事が大規模なマイニング事業を行うことを検討し、マイナー達をサンクトペテルブルグに招くというニュースがありました。今後もどんどん仮想通貨関連のビジネスに乗り出して、仮想通貨市場を盛り上げていってくれることを期待しています。

 

 

unikrnのICO(クラウドセール)が35億円を調達しました。

 

E-sportsのギャンブルプラットフォームを開発するunikrnがICOを終えて35億円を調達しました。E-sportsは要するに対戦型のビデオゲーム大会の競技の事です。対戦ゲームを通してスポーツの様にチーム戦や個人戦で勝負をします。優勝すると多額の賞金が貰えます。年俸1億円を超えるプロゲーマーも存在します。昨今はこのE-sportsの関連銘柄に注目が集まっています。

オランダの調査会社ニューズーの分析によるとe-sports関連市場の規模は2014年には約240億円で今年には553億円以上に達するとの見通しを立てています。

unikrnの他にもe-sports関連の仮想通貨プロジェクトはありますが、unikrnは既にオンラインゲームのプラットフォームを作っています。カウンターストライクという非常に有名なFPS(一人称シューティング)がunikrnのプラットフォームを通じてプレイできるようです。

自分は昔このゲームを良くプレイしていたファン(古いバージョンの)だったのでこのunikrnのICOには2万円程度と少額ですが投資しました。今後の動向が楽しみです。

本日の仮想通貨に関するニュースを紹介&解説いたしました。読んで頂きありがとうございました!

 

 

※まだ仮想通貨投資をはじめていない方へ

 

最近、大きく盛り上がっている仮想通貨市場。

 

まだ仮想通貨投資をはじめていない方は、

仮想通貨投資はじめてみませんか?

 

はじめかたは、とても簡単です!

 

解説ページを作りましたので、こちらのボタンをクリックしてください。↓

各取引所の登録ガイドも作りました。↓

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です