ビットコインでアービトラージを行う方法 仮想通貨裁定取引(サヤ取り)

アービトラージでビットコインの取引所間の価格差を抜く 手法3種類公開!

 

 

アービトラージとは同一の商品が購入場所や手段によって価格差の違いが生まれたときに、

安い方で購入し高い方で売る事でその価格差分を利益にするという手法です。

 

仮想通貨に当てはめて解説します。

例えばAとBという仮想通貨の取引所があり、それぞれの取引所の価格が以下の様になっていたとします。

 

  • A取引所でビットコインが60万円
  • B取引所でビットコインが61万円

 

この場合、A取引所で1ビットコインを購入してB取引所で売ると1万円の利益を確実に得る事が可能になります。2つの取引所で利用して売買するだけでリスクゼロで利益を得られることになります。

こういった価格差を利用して利益を獲得する手法をアービトラージと言います。これは裁定取引やサヤ抜きとも呼びます。

 

 

仮想通貨市場では取引所間の価格差が常に発生

 

アービトラージは株式取引や為替取引で主に使われてきた手法です。これは現在の仮想通貨市場では現在非常に使えるトレード手法の1つです。

仮想通貨市場の取引所間では常に価格差が生じています。

株や為替の取引においては現在、取引所(証券会社やFX業者)の間で同一商品の価格差が生じる事は稀な事です。価格差が生じたとしても大抵は1パーセント以下の小さな価格差です。

しかし仮想通貨市場の場合、各取引所のレートは現物取引によって直接決定していますが、各取引所の取引高が全く違うため常に価格差が常に生じています。そして、仮想通貨市場はまだ小さい為にその価格差が大きく開くことがあります。

特に大きなイベントが起こる際や、大きなニュースが発表された際には取引所間の価格差が1万円以上開きます。

仮想通貨市場にはアービトラージのチャンスが溢れています。

しかしアービトラージを行うにあたって、その取引所間の価格差の情報はどこから入手できるのでしょうか?

まずビットコインの取引所間における価格差情報についての情報源をご紹介します。

 

 

ビットコイン取引所間の価格差情報をつかむ

 

まずBitcoin日本語情報サイトのjpbitcoin.comさんが提供されている国内ビットコイン価格相場というページが参考になります。

https://jpbitcoin.com/markets

出典:Bitcoin日本語情報サイト jpbitcoin.com

 

こちらのサイトでは日本における各取引所のビットコインの値段が一覧で見る事ができます。Askが1ビットコインの売値でBidが1ビットコインの買値になります。アービトラージではAskが低い取引所で購入し、Bidが高い取引所で売る事で利益を得ます。

 

もう一つの情報源はtwitterのてぃなちゃん というユーザー(bot)からの価格差アラートです。

 

こちらは日本の各取引所間においてビットコインの価格差が一定上開いた時に、つぶやきで自動的に知られてくれます。

 

これらの情報源を活用することで取引所間のビットコインの価格差を知る事ができます。では次に具体的なアービトラージの手法について解説してきます。

 

 

ビットコインアービトラージの具体的な手法

 

ビットコイン(BTC)のアービトラージにはいくつかの手法があります。

 

  • 手法その1 単純に売買だけで価格差を抜く手法
  • 手法その2 空売り(ショート)を用いる手法
  • 手法その3 送金は行わずに価格収束を待つ手法

 

以下にそれぞれの手法について解説をしていきます。

 

 

手法その1 単純に売買だけで価格差を抜く手法

 

 

これは最も単純でわかりやすいアービトラージの手法です。

安い価格で購入できる取引所でビットコインを購入→高く売れる取引所に送金して売る という単純明快な手法です。

この手法のデメリットはビットコインを送金している間に価格が変動するリスクに晒されるという事です。

 

アービトラージ手法1の具体的な手順

 

 

1.BTCの取引所間の価格差を発見する

 

例:ビットフライヤーのBTCの価格

例:コインチェックのBTCの価格

1万円ほど価格差が生じていました。

 

2.BTCを価格が安い取引所で注文し購入します。

 

BTCが安くなっている取引所(コインチェック)で注文量を入力して買い注文を行います

 

3.BTCの価格が高い取引所にBTCを送金します。

 

取引所の送金ページからBTCを価格が高い取引所(ビットフライヤー)へ送金します

 

4.送金したBTCを売ると価格差が利益に!

 

価格が高い取引所(ビットフライヤー)にBTCが着金したら売却します

 

 

ただ、この手法はビットコインの取引所間の送金処理は早くても20〜30分程度かかってしまいます。その間にビットコインの価格が落ちると利益が得られなくなる可能性があります。

また、取引手数料や送金手数料や日本円の出金手数料ついても考慮する必要があります。価格差よりもこれらの費用の方が高いと利益が出なくなってしまいます。以下に必要な手数料を解説します。

 

アービトラージ手法1に必要な手数料

 

現物取引手数料 BTC送金手数料
コインチェック 無料 0.0005BTC
ザイフ -0.01%~0.1% 0.0005BTC
ビットフライヤー 0.01%~0.15% 0.0005BTC

 

日本円の出金には400円程度がかかります。入金に関しては対応の銀行なら手数料無料です。3つの取引所ともにSBIネット銀行なら入金を24時間受け付けており、手数料も無料で行えます。

 

例えば以下のような価格差があったとします。

 

  • ビットフライヤーで1btc=60万円
  • ザイフで1btc=61万円

 

この1万円の価格差に上記の手数料等を差し引くとこうなります。

 

  • 60万円の取引手数料(0.15%)=900円
  • BTCの送金手数料(60×0.0005)=300円
  • 1万円ー(900+300)=8800円 (利益の日本円を出金する時には更に400円程度かかります。)

 

価格変動のリスクを抜きにすればこの手法と条件で1万円の価格差から1ビットコインあたり約8800円の利益を生むことが出来ました。

ただし先述したようにビットコインの価格が送金処理中に変動して価格が落ちると利益を得られなくなるリスクがあります。

しかし、価格が上昇する事もあるので、利益がより増える可能性もあります。

価格変動リスクを避けられる方法もあります。2つ目のビットコインアービトラージ手法の説明を行います。

 

 

手法その2 空売り(ショート)を用いる手法

 

 

この手法は価格変動のリスクを抑えてアービトラージを行う事が可能です。

空売り(ショート)を用いることで価格差を固定し、価格変動のリスクを無くします。よって送金中のビットコインの価格変動に関係なく利益を得る事が可能になります。

この手法は自己資金をBTCの購入用資金と空売り用の資金とを2つの取引所に分けて用いる必要があります。

 

空売りとは
空売りとは信用取引の一種です。

ビットコインの空売り取引においては取引所からビットコインを借りて売り、その後に買い戻すことによって決済し、差額を得るという取引形態になります。

ビットコインを買い戻す時点でその価格が下落していればその下落分が利益になります。

この空売りを用いると価格が下落することで利益を得る事が可能になります。

また、購入と同じ量を空売りする事によって価格変動のリスクを打ち消すという目的にも空売りは利用できます。

 

空売りは各取引所の信用取引、FX、レバレッジ取引の項目から行う事が可能です。

 

 

アービトラージ手法2の具体的な手順

 

 

 

1.BTCの取引所間の価格差を見つけます

 

例:ビットフライヤーのBTCの価格

例:コインチェックのBTCの価格

1万円ほど価格差が生じていました。

 

2.BTCを価格が安い取引所で注文し購入します。

 

BTCが安くなっている取引所(コインチェック)で注文量を入力して買い注文を行います

 

 

3.購入すると同時にBTCの価格が高い取引所で同数を空売り(ショート)します。

 

 

取引所のFX(信用取引)機能を使って、BTCの価格が高い取引所で空売り(ショート)を行います。

先に購入したBTCの量と同じ量を空売りします

画像はビットフライヤーのLightning FXです。簡単に利用できます。

 

4.購入したBTCを空売りを行った取引所に送金します。

 

取引所の送金機能を使って送金します

 

 

5.BTCが着金したらBTCを売り、空売りした分も決済します。

 

BTCの価格が高い取引所に着金したらBTCを売却します。

空売りをした分のBTCを決済します。

 

 

これで価格差が利益になりました!

 

 

アービトラージ手法2において必要な手数料

 

 

この手法では信用取引を使いますので送金手数料や取引手数料に加えて空売りの為の証拠金手数料を払う必要があります。

 

各取引所における証拠金取引手数料/1日

 

  • ザイフ:0.039%
  • コインチェック:0.04〜0.05%
  • ビットフライヤー:0.04%

 

前回の価格差を例に考えます。

 

  • ビットフライヤーで1btc=60万円
  • ザイフで1btc=61万円

 

この1万円の価格差に上記の手数料等を差し引くとこうなります。

 

  • 60万円の取引手数料(0.15%)=900円
  • 60万円の証拠金手数料=240円
  • BTCの送金手数料(60×0.0005)=300円
  • 1万円ー(900+240+300)=8560円 (利益の日本円を出金する時には更に400円程度かかります。)

 

価格変動のリスク無しに1万円の価格差から1ビットコインあたり約8560円の利益を生むことが出来ました。

ただこの方法は自己資金を購入用と空売り用の2つに分けて行う必要があるので、1の手法と同じ価格差を抜くには倍の運用資金が必要になります。

次に価格変動リスクを抑えながら少ない資金で利益を多く得ることが可能なアービトラージの手法を紹介します。

 

 

手法その3 送金は行わずに価格収束を待つ手法

 

 

この手法はBTCの送金は行わずに、BTCの購入と空売りだけを行い、開いた価格差がなくなったら決済をします。

こちらの方法もBTCの価格変動のリスクを抑えてアービトラージを行う事が可能です。

こちらの手法も自己資金をBTCの購入(ロング)用資金と空売り(ショート)用の資金とを2つの取引所に分けて用います。

この手法においては仮想通貨FXを用いてレバレッジをかけてを行う事が可能です。少ない資金で多くの利益を得る事が可能になります。

また、取引所間の送金処理を行う必要が無いので、BTC送金手数料は必要ありません。

 

レバレッジ取引とは
レバレッジとはテコの原理を意味します。金融業界で言われるレバレッジとは自己資金よりも大きな額で取引が可能になるしくみです。

例えばレバレッジを2倍にすると100万円の自己資金で200万円の投資が可能になります。

よってこの場合は自己資金のみで投資した場合と比べ2倍の額の利益が出ますが、損失が生じた場合も被害は2倍の額になります。

損失が大きくなり、証拠金が不足すると強制決済されてしまいます。

 

※レバレッジをかけなくてもこの手法で十分利益を取れます。

 

 

アービトラージ手法3の具体的な手順

 

 

 

1.BTCの取引所間の価格差を見つけます

 

例:ビットフライヤーのBTCの価格

例:コインチェックのBTCの価格

1万円ほど価格差が生じていました。

 

2.BTCを価格が安い取引所で注文し購入します。

 

BTCが安くなっている取引所(コインチェック)で注文量を入力して買い注文を行います

レバレッジをかける場合はレバレッジ取引の欄にて買い注文(ロング)を行います

 

 

3.購入すると同時にBTCの価格が高い取引所で同数を空売り(ショート)します。

 

取引所のFX(信用取引)機能を使って、BTCの価格が高い取引所で空売り(ショート)を行います。

購入したBTCの量と同じ量を空売りします。(2.でレバレッジを掛けていたらその分もあわせた量を空売りします)

 

 

4.開いた価格が収束するのを待ちます。

 

 

価格差は時間とともに徐々に収まっていきます。

 

 

5.価格差が無くなってきたところで決済。差額が利益に!

 

買い注文(ロング)を決済

売り注文(ショート)を決済

これで差額が利益になります

 

 

アービトラージ手法3において必要な手数料

 

 

証拠金取引を行いますので、必要な手数料は2つ目の手法と基本的に同じです。ただ、FX等を用いてレバレッジ取引を行う場合にはその分の証拠金手数料が必要になります。

レバレッジを2倍かけて2倍の資金を運用する設定で、簡単に上の例に当てはめて計算します。

 

  • ビットフライヤーで1btc=60万円
  • ザイフで1btc=61万円
  • レバレッジ2倍

 

レバレッジをかけて2倍の資金で運用するので得られる価格差は2万円になります。この2万円の価格差に上記の手数料等を差し引くとこうなります。

 

  • 60万円の取引手数料(0.15%)=900円x2(レバレッジ)=1800円
  • 60万円の証拠金手数料=240円x2(レバレッジ)=480円
  • BTCの送金手数料(60×0.0005)=300円
  • 2万円ー(1800+480+300)=17420円 (利益の日本円を出金する時には更に400円程度かかります。)

 

レバレッジをかけてアービトラージを行ったことで1ビットコインあたり約17420円の利益を出すことができました。

レバレッジをかけると少ない資金で大きな金額を運用する事が可能で、大きな利益を得る事が可能になりますが、大きな価格変動が起こった場合に、証拠金が足りなくなり強制決済される可能性がありますので注意が必要です。

 

 

アービトラージおすすめ3大取引所

 

アービトラージを行うには以下の日本3大取引所がおすすめです。取引高が高くてアービトラージが捗ります。

 

取り扱い仮想通貨12種類以上!コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoinコインチェック登録ガイドはこちらです。

 

ビットコイン積み立てならzaifザイフ登録ガイドはこちらです。

 

ビットコインでお買い物も可能!bitflyerbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でビットフライヤーの登録ガイドはこちらです。

 

 

(各取引所の簡単な解説は当方のこちらの記事を参考にしてください。)

 

今回はアービトラージについて解説をしました。参考にしていただければ幸いです!

 

 

※まだ仮想通貨投資をはじめていない方へ

 

最近、大きく盛り上がっている仮想通貨市場。

 

まだ仮想通貨投資をはじめていない方は、

仮想通貨投資はじめてみませんか?

 

はじめかたは、とても簡単です!

 

解説ページを作りましたので、こちらのボタンをクリックしてください。↓

各取引所の登録ガイドも作りました。↓

 

 

スポンサーリンク








1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です