草コイン投資ならBinance(バイナンス) 紹介&登録方法解説

豊富な草コイン銘柄!海外の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)取引所

 

 

今回は海外の取引所であるBinance(バイナンス)取引所を紹介します。

 

Binanceは多くの仮想通貨銘柄を取り扱う有名な海外の仮想通貨取引所です。

 

今月には1日あたりの取引高が世界一位になりました。

また、Binanceは海外の取引所になりますが、日本語に完全対応しています。

 

上場している銘柄が豊富で、2017年12月23日Binanceに上場をしている仮想通貨は80銘柄以上あります。

取引高が1位にもなったメジャーな取引所でもありますので、ここに上場されると一気に価値が10倍以上に暴騰する事があります。

 

Binanceは取引高が高く、手数料が安いです。取り扱う銘柄が多く、草コイン投資を始めるのに非常におすすめの取引所です。

 

 

草コインとは

 

 

草コインとは、時価総額が低いビットコイン以外の仮想通貨です。

 

現在(2017年12月23日)ビットコインの時価総額は約27兆円です。

 

時価総額とは?

単価x発行総数=時価総額です。現在の価格レートで算出した場合の、その銘柄のトータルの価値です。

 

例えば、ここからビットコインが更に10倍の価値になり、270兆円の時価総額になる事はあり得ますが、短期的には相当の材料が無いと難しいと思います。

ビットコインへのとてつもない巨額な資金の流入が必要となるからです。

 

それに対し、時価総額が10億円の通貨はどうでしょうか?10億円はビットコインの27000分の1の時価総額です。

そこから10倍に上昇してもビットコインの2700分の1の時価総額です。

こういった通貨は、ビットコインに比べて僅かな資金の流入で暴騰するので、注目されると短期的に簡単に10倍以上に上昇します。

 

実際にそういったことが繰り返し、何度も起きています。

時価総額が低いレベルにある通貨が暴騰する例は非常に多くあります。

https://coinmarketcap.com/ のデータを見るとそういった例が数多く見つかります。

その中から数例を取り上げます。

 

 

草コイン暴騰の例

 

 

・ネム(NEM)

 

データ元 :  https://coinmarketcap.com/

 

今は有名になったネムですが、今年の一月には約30億円の時価総額しかありませんでした。

それが300倍の約9000億円までにたった一年間で暴騰しました。当然単価も300倍になります。

今年の一月に10万円分のネムを買っておくだけで、現在は3000万円分の資産を持つことになります。

 

 

・モネロ(XMR)

 

データ元 :  https://coinmarketcap.com/

 

現在、匿名通貨として注目されているモネロは、去年の6月には約10億円の時価総額でした。

それが現在は約7000億円。

去年の6月にモネロに投資して保有(ホールド)していた人は、現在、投資額が約700倍になりました。

 

 

・ヴァージ(XVG)

 

ヴァージ(XVG)は、今年に最も並外れたレベルの暴騰をした草コインです。

その上昇率は、なんと1万倍を超えます・・・

以下の画像をご覧ください。

 

データ元 :  https://coinmarketcap.com/

 

データ元 :  https://coinmarketcap.com/

 

ある銘柄がたった一年で12500倍になるなんて、とても信じられないような尋常ではないレベルの上昇ですが、これが現実に起きています。

2017年の初めに、ヴァージを1万円分だけでも買っておくと、現在はそれが1億2500万円になります。

 

さらに、草コインは超短期間で一気に10倍以上に上昇することもあります。

これは最近のヴァージのチャートを切り出したものです。

 

データ元 :  https://coinmarketcap.com/

 

ヴァージは2017年12月9日には約100億円の時価総額でした。

その後、12月23日には2800億円になりました。

それが僅か2週間で28倍に上昇しました。

もちろん、発行総数が変わっていないので、時価総額が28倍になると1コインあたりの価値も28倍になります。

 

 

このように時価総額が低いコイン(草コイン)は短期的に10倍以上の上昇をする事が良くあります。

数百倍に上昇するコインも珍しくありませんので、草コイン投資には夢があります!

10万円程度でも少額投資しておけば、わずか1年後には1000万円になっているかもしれません!

 

 

そして草コイン投資にはBinance(バイナンス)がおすすめです。

現在、取り扱い仮想通貨銘柄は80を超えています。随時どんどん追加されています!

(上の例のヴァージや、moneroもBinanceに上場されています。)

 

Binanceに上場された草コインは、数十倍以上に一気に上昇することが珍しくありません。

 

Binanceは取引高が世界一で利用者が多くて安心感があります。

日本語にも対応していますので、日本人の利用者も数多くいます。

 

 

Binance(バイナンス)登録方法の解説

 

 

草コイン投資ならBinance(バイナンス)! 取引高が高い定番の取引所です。

Binanceの登録方法の解説は私のこちらの記事へ

 

 

 

 

※まだ仮想通貨投資をはじめていない方へ

 

最近、大きく盛り上がっている仮想通貨市場。

 

まだ仮想通貨投資をはじめていない方は、

仮想通貨投資はじめてみませんか?

 

はじめかたは、とても簡単です!

 

解説ページを作りましたので、こちらのボタンをクリックしてください。↓

各取引所の登録ガイドも作りました。↓

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です