Bitcoin Cash(BCH) ビットコインキャッシュ

Bitcoin Cash(BCH) ビットコインキャッシュ

 

 

今回はビットコインキャッシュについて解説&所感を書きます。参考になれば幸いです!

 

ビットコインキャッシュ誕生の経緯

 

 

ビットコインキャッシュは2017年8月1日に誕生しました。

ビットコインキャッシュの性能はビットコインとほぼ同じですが、ブロックサイズとマイニングにおける採掘難易度調整アルゴリズムが違います。

 

まずビットコインキャッシュの誕生の経緯から解説していきます。

 

現状のビットコインには送金能力に問題があります。1秒間あたり約7つの取引しか処理ができません。

 

 

具体的には、ビットコインにおいては約10分に一度、「ブロック」と呼ばれる世界中の送金情報データを取引台帳(ブロックチェーン)に書き込みます。

そのブロックのデータのサイズ(ブロックサイズ)は1MBです。

その1MBを超えた分の送金情報の処理は、すべて後回しされてしまいます。

これを送金詰まりといいます。

 

 

送金手数料を多く支払えば、優先的に送金処理がされますので、送金詰まりが起こると手数料は高騰していきます。

これは現状のビットコインにおける致命的な問題です。

 

そこで、中国のマイニングプールViaBTCが主導して2017年の8月1日にビットコインのブロックチェーンを分裂・分岐(ハードフォーク)させ、ブロックサイズが8MBまで引き上げられたビットコインキャッシュが誕生しました。

 

このブロックチェーン分岐によって、全てのウォレットへビットコインの保有量に応じて、同数のビットコインキャッシュが付与されました。(取引所に保管していた場合は、取引所によって対応は異なりました。)

 

 

ビットコインキャッシュ誕生後 まとめ

 

 

https://bittrex.com/Market/Index?MarketName=btc-bcc

 

ビットコインキャッシュの2017年8月~のチャート(対ビットコイン)

 

ビットコインキャッシュ誕生直後はビットコインの4割程度の値段が付きましたが、その後は価格が低迷します。

2017年10月~11月には、ビットコインの1割以下の価格帯で推移します。

しかし、11月の9日から一気に価格が上昇します。これには様々な要因が絡んでいました。

 

 

ビットコインsegwit2xの中止

 

 

先ほど紹介したように、ビットコインには送金詰まりと送金手数料高騰という致命的な問題があります。

その改善策として、ビットコインはsegwit2xと呼ばれるブロックサイズ1MBを2MBへ引き上げるアップデートが予定されていました。これが実施されると新コインと旧コインに分裂する事になりました。

しかし、segwit2xにはプログラムの脆弱性や、リプレイアタックの保護がない事など様々な問題点があり、ビットコインコミュニティ内でsegwit2x実施派と反対派が分断されて争いあう事になりました。

リプレイアタックの保護がないと、segwit2x実施によってビットコインから新コインと旧コイン生まれた後、旧コインを送金する際に、一緒に新コインまで送金されるという事が起きえます。

そして結局2017年11月8日にsegwit2xは一時中断されました。

 

そこで仮想通貨市場から注目されたのがビットコインキャッシュでした。ビットコインキャッシュはブロックサイズが8MBあり送金処理能力が現状のビットコインと比較すると非常に高いです。

 

 

ロジャーバーの発言、怪文書、送金詰まり

 

 

ロジャーバー氏は仮想通貨の長者で、この仮想通貨業界での著名人です。25万BTC(2千億円以上)を用いて仮想通貨に投資を行っています。

ロジャーバー氏はビットコインキャッシュを支持するコメントを何度も行いました。

 

また、11月初めにはビットコインのマイニング(採掘)を辞めて、ビットコインキャッシュに移ろうとマイナーに呼び掛ける怪文書の存在がありました。

マイナーがビットコインマイニングを辞めれば、ビットコインのブロック生成速度が遅れて、更なる送金詰まりに陥ります。

 

現に、11月9日前後からマイナーがビットコインキャッシュへ大移動をしており、ビットコインの送金詰まりが急増していきました。

 

https://dedi.jochen-hoenicke.de/queue/#6m

 

2017年11月12日には未承認取引(送金詰まり)数が16万件を突破しています。

 

 

 

ビットコインキャッシュの暴騰とその後

 

 

こうした要因が重なって、ビットコインキャッシュの価格は一気に高騰しました。

Poloniexではビットコインの5割の価格まで上昇しました。

その後は一気に下落。ビットコインの送金詰まりも一時的に解消される事になり、ビットコインキャッシュの価格は再び低迷します。

 

この画像はPoloniexのビットコインキャッシュのチャート(BCH/BTC)です。短時間で暴騰した後、一気に暴落しました。

 

https://poloniex.com/exchange#BTC_BCH

 

しかし現在は、さらなるビットコインの送金詰まりが起こっています。

この画像は、この半年間のビットコイン送金詰まり(未承認取引)数の推移です。

 

https://dedi.jochen-hoenicke.de/queue/#6m

 

また、ビットコインキャッシュを基軸とする取引所CoinEX、OKEXも登場しました。

更に、仮想通貨決済サービスを提供するBitPayがビットコインキャッシュ決済を基本決済として採用するなど好材料が相次いだことから、ビットコインキャッシュは再び価格上昇をしています。

 

https://zaif.jp/trade/bch_jpy

 

現在のビットコインキャッシュはビットコインの値上がりによってビットコイン建てでは、ビットコインの1.7割程度の価値しかないですが、円建てでは30万円台と上昇しています。

 

 

 

ビットコインキャッシュの将来

 

 

現状ビットコインは送金詰まりが延々と続いている状況です。

この画像はこの一週間の送金詰まり(未承認取引)数の推移です。10万件を超えたまま推移しています。

 

https://dedi.jochen-hoenicke.de/queue/#1w

 

送金手数料も当然高騰しており、現在ビットコインを遅延なく送金するには531sat/byte(約2000円)以上の送金手数料が必要になります。ビットコインも価格上昇しているので手数料も非常に高額です。

 

 

https://bitcoinfees.earn.com/

 

このように現在のビットコインは深刻な送金詰まり問題を抱えています。

 

対して8mbのブロックサイズのビットコインキャッシュでは、1円以下~数円という送金手数料で問題なく送金が可能です。

ビットコインキャッシュを基軸とする取引所や対応決済サービスの増加など、ビットコインキャッシュはシェアを着実に広げています。

 

ビットコインは現在、送金遅延問題を解消するライトニングネットワークという技術を開発中ですが、実装時期とされるのは2019年以降です。

 

 

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワーク(LN)とは、ビットコインの送金を高速化する技術です。

現在のビットコインは1秒間あたり約7の送金しか処理できません。

ライトニングネットワークが実装されると1秒間あたりに数百万以上の送金が処理できるようになります。

送金手数料も1円以下になります。数円などの少額決済(マイクロペイメント)にも利用が可能になります。

 

 

ライトニングネットワークが実装されれば送金詰まりや手数料高騰問題も一気に解決する事になります。

仮想通貨市場でもライトニングネットワークへの期待は非常に大きいと思いますが、実装は2019年以降が予定されており、まだまだ先です。

それまでは、ビットコインキャッシュがビットコインの欠点を補完するものとして重用され、シェアを広げて行くのではないでしょうか。

 

 

ビットコインキャッシュ購入方法

 

 

日本円でビットコインキャッシュを買うならZaifがおすすめです。

 

 

Zaifは日本における主要な仮想通貨取引所の一つです。

モナコイン、イーサリアム、ネムなどのアルトコインの売買も可能です。

(アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨の事です。)

現在は新規登録者が殺到しており、登録処理に数週間の時間がかかるようなので、まだ登録していない方は早めの登録をおすすめします。

 

Zaif登録方法については↓コチラの登録ガイドをご覧ください!

 

 

 

 

 

今回はビットコインキャッシュについての解説と所感を書きました。

読んで頂いてありがとうございました!

 

 

※まだ仮想通貨投資をはじめていない方へ

 

最近、大きく盛り上がっている仮想通貨市場。

 

まだ仮想通貨投資をはじめていない方は、

仮想通貨投資はじめてみませんか?

 

はじめかたは、とても簡単です!

 

解説ページを作りましたので、こちらのボタンをクリックしてください。↓

各取引所の登録ガイドも作りました。↓

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です