ネム NEM(XEM) の紹介と解説!

アルトコイン ネム NEM(XEM) の紹介と解説! +おすすめ購入方法

 

 

 

今回はアルトコインのネム NEM(XEM) の紹介&解説をいたします。

おすすめ購入方法の解説もいたします。

 

(アルトコイン=ビットコイン以外の仮想通貨)

※ネム=NEMは海外の取引所ではXEMとも呼ばれます。

 

参考になれば幸いです!

 

ネムのスペック

 

 

総発行量:8,999,999,999 XEM

公開日:2015年3月

認証アルゴリズム:POI=Proof of Impotance

参考データ:https://coinmarketcap.com/currencies/nem/

 

 

ネムの概要

 

 

ネム=NEMはNew Economy Movement(新たな経済活動)という意味です。

「富の集中化」から「富の分散化」に変革を行い、富の平等化をもたらすという理念の下に作られました。

 

ネムが発表された当初には、無料でNEMが大量配布された事があります。

この無料配布では合計約9億NEMが配られました。これは、2018年1月15日の現在の価格で約1500億円分になります。

1500人程度に配られたそうなので一人当たり平均約1億円です。

 

配布された当初は殆ど価値がなかったネムですが、価格上昇により、大きな価値を持つことになりました。

限定的ではありますが、この事によって富の組み換えが起こったとも言えます。

 

更に、ネムは独自の認証アルゴリズム:POI=Proof of Impotance によって誰でも報酬をもらえる構造を構築しています。

 

 

ネムの認証アルゴリズムPOI=Proof of Impotanceとは?

 

 

現在のビットコインマイニングにおいては、ASICを大量に稼働させている電気コストが安い地域が非常に有利です。

 

マイニングとは?

ビットコインにおけるマイニングはブロックチェーンと呼ばれるビットコインの取引台帳に、取引履歴を書き込む作業の事です。

この取引台帳の記録の書き込みには膨大な計算能力が必要になります。マイナー(マイニングを行う人たち)はASICと呼ばれる専用ハードウェアやPCを用いてこの作業を行います。

そして、その作業を行うと一定の報酬としてビットコインが得られます。

 

電気代コストや設備の管理費等の問題から、日本で個人がビットコインマイニングを行うのは非常に不利です。

 

 

しかし、ネムはPoI=Proof of Importanceというマイニングのアルゴリズムを実装しています。

PoIはウォレットに一定のコインを保有しているだけで報酬が得られます。

これは単にNEMを大量保有している人が一方定期に有利なシステムではありません。

報酬量は単に保有量だけではなく、取引利履歴などネムへのネットワークへの貢献度も考慮されて、決定されます。

 

ネムのこの報酬システムをハーベスト(ハーベスティング)といいます。

 

 

ネムのハーベスティング

 

 

ネムのハーベスティングには「ローカルハーベスティング」と「スーパーノードでのハーベスティング」の2種類があります。

 

・ローカルハーベスティング

 

こちらに参加するのは非常に簡単です。

NANOWallet というウォレットをインストールしてアカウントを作成後、1万ネム以上をそのウォレットに送金します。

その後は、そのウォレットを立ち上げたまま放置すれば勝手にネムが増えていきます。

 

 

・スーパーノードでのハーベスティング

 

スーパーノードのハーベスティングに参加するには 300万ネム以上を保有することが必要になります。

現在の価格で4億円以上が必要になりますから、個人が参加するのは敷居が非常に高いです。

また、1日に4回行われる性能審査に合格することも必要になります。

 

 

盛況な日本のNEMコミュニティ

 

 

日本ではネムのコミュニティが盛り上がっています。

イケダハヤト氏などの著名なブロガーも積極的にネムについて肯定的な発信をしています。

 

イケダハヤト氏の記事:「リップルよりもNEMが熱い!」と思う理由を語ろうじゃないか。

参考URL : http://www.ikedahayato.com/20171025/72854132.html

 

東京渋谷にはNEMバーというバーもあります。

ネムのファンたちが集うバーです。支払いはもちろんネムで行うことが可能です。

 

ネムのミートアップ(オフ会のようなもの)は頻繁に行われています。

 

 

参考URL:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01c3dzzbvu0c.html

 

 

このようにネムには根強いファンや支持者が数多くいて、コミュニティは盛り上がっています。

コミュニティが強い仮想通貨の価格は底堅く推移する傾向があります。

 

 

テックビューロ社の関わり

 

 

日本での主要な仮想通貨取引所であるZaifを運営するテックビューロ社も関わっています。

テックビューロ代表の朝山氏は NEM.io Foundation Ltd(NEM財団)の理事に就任されています。

参考URL : http://techbureau.jp/375.html

 

また、テックビューロ社はネムの開発メンバーを誘致してmijinという独自のブロックチェーンを開発しました。

このテックビューロ社のmijinは416社が利用申し込みを行いました。

参考URL : http://mijin.io/ja/mijin-cloud-chain-beta-test

 

テックビューロ社は昨年行われてたCOMSAプロジェクトのICOで100億円を超える資金を集めました。

このような有力な企業と強い繋がりがあるという事もネムの大きな強みです。

 

 

注目される大型アップデートカタパルト!

 

 

 

 

カタパルトは実装が今年予定されているネムのアップデートです。

このアップデートでの注目点は送金処理速度の向上です。

カタパルトが実装されるとネムは1秒間に4000件の送金処理を行うことが出来るようになると言われています。

 

現在のビットコインは一秒間に約7の送金しか処理ができません。

この為に、「送金詰まり」現象が深刻化しています。

高い送金手数料の取引から優先的に処理されていくので、送金詰まりが起こると送金手数料も高騰していきます。

 

送金処理が速いとされるリップルも1秒間に1000~1500件ほどの処理しか出来ないと言われています。

カタパルト実装後のNEMは送金技術面で大きくアドバンテージを得ることが出来ます。

 

今年に予定されているカタパルト実装後にもネムの技術開発は続いていきます。

今後も様々な材料がネムから出てくると思われます。

 

 

ネム (NEM)のおすすめ購入方法

 

 

ネム NEMの購入方法はZaifをおすすめします。

日本円で簡単に購入が可能です。

 

 

記事でも触れましたように、Zaifを運営するテックビューロはネムとも深いつながりがあります。

Zaifの詳しい登録方法についてはコチラのページで解説しています。↓

 

 

 

今回はネム (NEM)について書きました。参考になれば幸いです!

読んで頂いてありがとうございました!

 

 

 

※まだ仮想通貨投資をはじめていない方へ

 

最近、大きく盛り上がっている仮想通貨市場。

 

まだ仮想通貨投資をはじめていない方は、

仮想通貨投資はじめてみませんか?

 

はじめかたは、とても簡単です!

 

解説ページを作りましたので、こちらのボタンをクリックしてください。↓

各取引所の登録ガイドも作りました。↓

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です