ナノ Nano (NANO) 紹介&解説

ナノ (Nano) の紹介&解説 (旧Raiblocks)

 

 

今回はアルトコイン のナノ(Nano)の紹介と解説をいたします。

(アルトコイン=ビットコイン以外の仮想通貨)

 

Nanoのおすすめ購入方法も紹介します。参考になれば幸いです。

 

ナノ(Nano)の概要

 

 

アルトコインのナノ(Nano)は「RaiBlocks」というアルトコインがリニューアルして今年1月に誕生しました。

 

Nanoの大きな特徴は「DAG」というシステムを採用している事です。

 

「DAG」は従来のブロックチェーンに次ぐ新たな仮想通貨の基盤システムとして注目されています。

IOTAやByteballなどもこの「DAG」を採用した通貨です。こういった通貨は一般的に「DAG通貨」と呼ばれています。

 

この「DAG通貨」は非常に送金が高速です。

現状のビットコインで頻発する「送金詰まり」なども起こり難く、送金性能が非常に高いです。

 

送金詰まり問題とは?

 

ビットコインは新たな世界中の取引記録の情報を平均10分に一度生成される「ブロック」によってブロックチェーンに書き加えますが、このブロックの容量は1メガバイトしかありません。

世界中で大量にビットコインの取引が行われると、取引データがこの容量を超えてしまいます。

超えた分の取引の処理は後回しにされます。送金手数料を多く支払うと優先的に処理されるので、遅延なく送金するための送金手数料はどんどん高額化して行ってしまいます。

これが「送金詰まり問題」です。この解決策として「ライトニングネットワーク」などの新たな技術開発が行われています。

 

そして高速送金が可能なDAGシステムを採用するNanoは送金手数料が無料です。

無料で世界中に送金する事が可能です。これは非常に大きな強みです。

 

また、DAG通貨においてはマイニングも必要ありません。

 

マイニングとは

ビットコインにおけるマイニングとは、要するにビットコインの取引台帳(ブロックチェーン)に、世界中の取引履歴を書き込む作業の事です。

この作業には難解で膨大な計算が必要になります。

マイナー(マイニングを行う人たち)はASICと呼ばれるマイニング専用ハードウェアやパソコンなどの計算能力を利用してマイニングを行います。

その作業を行うと報酬として一定のビットコインが得られます。

 

DAG通貨はマイニングが必要無くなる事で、マイナーによる相場のコントロールや、51%アタック、マイニングによるインフレ等、マイニングに関する様々な問題もクリアしています。

 

51%アタックとは?
 悪意を持った攻撃者がビットコインの全体のハッシュレート(採掘速度)の半分以上を支配して、不正なブロックチェーンの記録を行うことです。これにより二重支払いなど不正な取引を起こさせる事が出来ます。

 

そして、このNanoは世界的に主要な仮想通貨取引所の一つであるバイナンスでの投票で1位を獲得し、2018年2月に上場を果たしました。

 

次世代ブロックチェーンと呼ばれ注目されている「DAG」という新技術。

この「DAG」を採用する仮想通貨の一つであるNanoは現在、市場から非常に期待されています。

 

DAG通貨の詳細な仕組みについては、こちらのbtcnews.jpさんが詳しく解説して下さっています。

 

 

約211億円分のNanoが流出する事件が発生

 

 

イタリアの仮想通貨取引所のBitGrailにおいて、今月9日に1700万通貨分のNanoがハッキングにより流出する事件が発生しました。

これは当時の価格換算で約211億円です。

流出した額があまりに巨額な為、BitGrailのCEOであるFirano氏は全ての補償は不可能と発表しました。

 

 

Nanoの開発者達もこの事件について声明を出しています。

この事件が発生したのはNano自体に技術的な問題があったわけではなく、BitGrailのセキュリティ体制・Nanoの保管方法に問題があったようだと発表しています。

 

 

Nanoは流出後も価格上昇を続け、市場からの期待度は高い

 

 

Nanoは約211億円分がハッキングで流出するという大事件があったにも関わらず、市場からの期待度は非常に高いです。

ハッキングにあった後も価格は再び上昇を続けています。

 

・この一週間のNanoの値動き

出典:https://coinmarketcap.com/currencies/nano/

 

 

Nanoは新技術「DAG」を採用する通貨の一種であり、高速送金処理や送金手数料が無料という非常に大きな強みがあります。

そしてバイナンスでの上場を決める為の投票で1位を獲得するなど、市場からの期待は非常に高いです。今後も注目していきます!

 

 

Nanoのおすすめ購入方法

 

 

Nanoを購入するならバイナンス(Binance)での購入がオススメです。

バイナンスは取引高が世界一にもなった事のある世界でも主要な仮想通貨取引所の一つ。取引手数料も非常に安価です。

 

Nanoはバイナンスの取引所での投票で見事1位を獲得し、バイナンスには今月上場を果たしたばかりでもあります。

Nanoの取引が活発に行われており、取引高が高く売買もし易いです。

 

このバイナンス(Binance)は海外取引所ですが、日本の仮想通貨取引所からビットコインを送金する事で容易にNanoを購入することが可能です。

バイナンス登録方法は、こちらの記事↓で解説しています。

 

 

 

 

 

※まだ仮想通貨投資をはじめていない方へ

 

最近、大きく盛り上がっている仮想通貨市場。

 

まだ仮想通貨投資をはじめていない方は、

仮想通貨投資はじめてみませんか?

 

はじめかたは、とても簡単です!

 

解説ページを作りましたので、こちらのボタンをクリックしてください。↓

各取引所の登録ガイドも作りました。↓

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です