三菱&リップルが本実験開始へ! 仮想通貨関連ニュース 5月14日

三菱&リップルが国際送金の本実験開始へ! 仮想通貨関連ニュース 5月14日

 

 

最近の仮想通貨情報の紹介と解説を行います。参考になれば幸いです!

 

仮想通貨市況

 

 

仮想通貨銘柄は先週と比較すると全体的にやや下落しています。

 

出典:https://coinmarketcap.com/all/views/all/

 

ビットコインの価格は現在(2018/5月14日)90万円台です。

 

出典:https://jpbitcoin.com/markets

 

この程度の短期的な下落はよくあります。

私は長期視点で投資しているのであまり気にしていません。

しかし、一応下落要因についてまとめてみました。

 

 

仮想通貨相場下落の原因

 

 

この仮想通貨相場の下落はUpbitに対して詐欺の疑いにより、韓国の地方警察が家宅捜索行った事が主な原因のようです。

Upbitは世界中の取引所の中でTOP4の規模を誇ります。この大手の取引所で詐欺が行わたとなれば市場へのインパクトは相応に大きいものになります。

 

 

Upbitは、実際の資産保有量よりも多くの通貨を顧客に販売した疑いがあるとされていました。

しかし、実際は不自然と思われた資産の移動は、資金のシェアリングやプールに関連しており、特に法に触れるようなものではなく、規制当局はこの事を正しく理解していなかったようです。

価格はいずれ正常に戻ると期待されています。ただ、公式発表がまだですで、今後も注視する必要がありそうですね。

いずれにしても、仮想通貨市場は大規模な市場となりました。もし仮に1つの仮想通貨取引所が詐欺をしていたとしても、相場の下落は限定的なものになりそうです。

 

 

三菱UFJとリップルが国際送金の本格実験を今月開始へ

 

 

遂にリップルが三菱UFJフィナンシャル・グループと共に国際送金の本格実験を今月開始します!

 

 

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と三菱商事は、タイや英国の金融機関と提携し、

リップルのシステムを使った国際送金の実証実験を今月中に開始する。数年内の実用化を目指す。読売新聞時事通信が14日に伝えた。

 

リップの国際送金システムが実現すると、国際送金に必要なコストが大幅に安くなります。

送金処理も高速化し、国際送金を行った後、相手の口座に瞬時に着金します。

 

このリップルて提供する国際送金システムは社会にとって大きな進化をもたらします。

従来は個人間で国際送金を行う場合は、為替手数料や送金手数料(数千円)が必要になります。

そして送金後、相手方の銀行口座への着金まで3日程度が必要になります。

 

リップルを用いて国際送金を行うと、安価な手数料で、瞬時に相手側口座への着金が可能になるとされています。

 

リップルについては私のこちらの記事にも書いています。↓

 

 

NYで仮想通貨会議コンセンサスが14日開幕。ツイッターCEOも登場!

 

 

ニューヨークで非常に大きなイベントが開催されます。

 

 

TwitterのCEOまでもが登壇します。数千人に上る支持者が「ブロックチェーンウィーク」と称される一連のイベントに集結します。

 

 

ブロックチェーン業界は現在非常に盛り上がっており、そのブロックチェーン技術は世界的に浸透しつつあります。

ブロックチェーン技術は社会の多岐にわたる多くの分野で、効率化や公正化を行う力があります。

例えば、金融取引の効率化、物流の効率化、改ざんが不可能な公正な契約の実現。

 

社会の多くの場面で活用されるようになれば、社会は現在よりも飛躍的に進化したものとなるでしょう!

ブロックチェーン技術は非常に将来性と夢のある技術と言えます。

 

 

 

本日は仮想通貨関連のニュースの紹介と解説を行いました。参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

 

 

※まだ仮想通貨投資をはじめていない方へ

 

最近、大きく盛り上がっている仮想通貨市場。

 

まだ仮想通貨投資をはじめていない方は、

仮想通貨投資はじめてみませんか?

 

はじめかたは、とても簡単です!

 

解説ページを作りましたので、こちらのボタンをクリックしてください。↓

各取引所の登録ガイドも作りました。↓

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です